藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

三毛猫の雄はなぜ少ないか

三毛猫の雄はなぜ少ないか
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

オス猫は三毛猫になれない。

大注目の三毛猫の茶色遺伝子について書いてみました。

三毛猫は、白 茶色 黒、3色の毛が生えている猫ですが、三毛のほとんどがメスであり、オスは稀にしか現れません。

猫の毛色の遺伝情報は、白色の場合、オスメスともに発現することができます。

しかし黒色と茶色は、茶色遺伝子の働きで、メスだけしか、同時には現れないようなのです。

茶色遺伝子を持つオスは、茶色の毛色になり、茶色遺伝子を持たないオスは、黒色の毛色になります。

なのでオス猫が、黒色と茶色両方を持つことは、遺伝的に不可能なことになります。

それは、オスとメスの性決定に関与する性染色体が異なるためです。

椅子に座った三毛猫

椅子に座った三毛猫

三毛猫はメス (XX) となる。

ネコの毛色を決定している遺伝子がどの染色体に存在するかに原因が求められる。ぶち(白斑)や黒などを決定する遺伝子は常染色体上に存在するが、オレンジ(茶)を決定するO遺伝子のみはX染色体上に存在し、伴性遺伝を行う。そのため、三毛猫が産まれるのはO遺伝子が対立するo遺伝子とのヘテロ接合になった場合となる。これは哺乳類では2つのX染色体のうち、どちらか一方がランダムに胚発生の初期に不活性化されることにより、毛色がオレンジになる(O遺伝子が発現)部分と他の色になる部分に分かれるからである。ゆえに、原則として三毛猫はメス (XX) となる。

出典 http://ja.wikipedia.org

かわいいオスの三毛猫

保護猫 オスの三毛猫

性決定に関与する性染色体とは

染色体は、DNA(デオキシリボ核酸)などで構成されて、生物の遺伝情報の発現と伝達を担っています。

有性生殖を行う生物の細胞は、父親から1セットと母親から1セットの、対になる何組かの染色体を持っています。

性染色体と呼ばれる1対を除き、同じ形態を持ち、常染色体と呼ばれます。

性染色体は、性差を司る遺伝情報を担っており、形態も異なっている場合が多いようです。

猫細胞は、18対の常染色体と1対の性染色体、計38本の染色体を持っています。

猫の性染色体は、メスでは2本のX染色体「XX」オスではX染色体とY染色体1本ずつ「XY」となっています。

猫の9つの毛色遺伝子の内、8つは常染色体にありますが、茶色遺伝子は、X染色体にある為、性差によって毛色の現れ方が異なります。

アクロバット三毛猫

アクロバット三毛猫

ほにゅう類の雌は「XX」雄は「XY」

性染色体(せいせんしょくたい)とは、雌雄異体の生物で雌雄によって形態や数が異なる染色体もしくは形態的な差異が見られないが性決定に関与する染色体。性染色体以外の雄雌で共通な染色体は常染色体と呼ぶ。
中略
ヒトを含む哺乳類では、雄ヘテロXY型が一般的である。この性決定様式では、正常な雌はXX個体であり、正常な雄はXY個体である。
中略
動物においても植物においても、性染色体は常染色体から変化してできたものと考えられている。常染色体上に性決定に関する遺伝子が存在するようになり、異なった遺伝子を持つ染色体が雌雄で異なる配分を受けるようになったことが性染色体の起原である。

出典 http://ja.wikipedia.org

奇跡の猫です。三毛猫のオス

空を見上げるオスの三毛猫

茶色遺伝子はX染色体にある。

X染色体にある茶色遺伝子(Orange 遺伝子)は、Oとoがあって、

メスは「XX」なので、下記の3通り、両親から1個ずつ受け取ることができます。

・OO 茶色遺伝子は働いて、黒色になるはずの毛色が茶色になります。

・Oo 茶色遺伝子は半分働いくので、茶色と黒色両方の毛色を獲得します。

・oo 茶色遺伝子は働らかないので、黒色の毛色をのままになります。

オスは「XY」の為、1個しか受け取れないので、下記の2通りしかありません。

・O 茶色遺伝子は働いて、黒色になるはずの毛色が茶色になります。

・o 茶色遺伝子は働らかないので、黒色の毛色をのままになります。

なので、「XY」オスは、三毛猫になることはありません。

しかし、稀に三毛猫のオスが生まれるのは、遺伝子異常で「XXY」となって茶色遺伝子、Ooを獲得した場合です。

なお遺伝子異常の「XXY」オスは、クラインフェルター症候群と呼ばれて、子孫を残せなくなりやすいようです。

KO勝ち!三毛猫

KO勝ち!三毛猫

稀にオスの三毛猫が生まれるわけ

オスの三毛猫が生まれる原因は、クラインフェルター症候群と呼ばれる染色体異常(X染色体の過剰によるXXYなど)やモザイクの場合、そして遺伝子乗り換えによりO遺伝子がY染色体に乗り移ったときである。
染色体異常の場合は通常繁殖能力を持たないが、モザイク、遺伝子乗り換えの場合は生殖能力を持つことがある。

出典 http://ja.wikipedia.org

野良猫 珍しいオスの三毛猫ですwww

888万円ですって オスの三毛猫

クラインフェルター症候群とは

クラインフェルター症候群は、オスとしての社会生活へ支障はほとんど有りません。

しかし、X染色体が1つ多い「XXY」になっている為に、精子の数が極端に少ないため不妊となりやすいようです。

「XXY」と判定されても、「XY」と「XXY」の混合型である場合、「XY」の割合が多いときは、不妊という問題はありません。

X染色体がさらに多い「XXXY」になると、精神薄弱などの危険性が高くなるようです。

なお、人の場合にも、クラインフェルター症候群は、500人に1人いるといわれます。

女性でも、X染色体が1本少ない為に、不妊になりやすい「ターナー症候群」があり、3000人に1人います。

クラインフェルター症候群は、手足が長く高身長になりやすく、ターナー症候群は、逆に手足が短く低身長になりやすいようです。

これら「症候群」は、不妊となりやすいリスクはありますが、社会生活へ支障はほとんどないので、「体質」というべきかもしれません。

招き猫 三毛猫

招き猫 三毛猫

男性だがX染色体が1つ多い「XXY」

通常の男性の性染色体は「XY」であるが、これにX染色体が1つ多く「XXY」となっている。一般に染色体すべてを総合して「47, XXY」と表現される。さらにX染色体が二つ以上多い「XXXY」等もある。
頻度は男性500人に1人と報告されている。ただし、社会生活へ支障はほとんどないため、過半数は診断されていないと推定されている。
中略
外性器・内性器は通常の男性形である。性欲は一般的に低いが、射精や通常の性行為は問題なくできる。精液はほぼ透明であり、無臭に近く量も少ない。精子の数が極端に少ないため不妊となりやすいが、人工授精によって受精・出産まで至った例もある。また、XXYと判定されている場合でも実際はXYとXXYのモザイクである可能性もあり、この場合、睾丸内のXY細胞の数が多ければ特に受精に問題は生じない。

出典 http://ja.wikipedia.org

5か月ぶりに会った三毛猫

三毛猫 体重1.5キロ 当時18歳

三毛猫 体重1,5キロ 当時18歳

????.??.??.??.??.??.????さん(@teruaki6666)がシェアした投稿 -

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐフューチャーネット始めよう

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう